12月教室だより

2019-12-04 (水) 15:44 教室日記

12月になりました。これからの時期は1年で1番忙しく、1番楽しい時ではないでしょうか。

クリスマスにお正月。大掃除に仕事納め、実家への帰省や旅行。。。

サンタさんも、どんなプレゼントをお子様方にお持ちしようかとそろそろ悩んでおられることでしょう。

英語担当からは、そんなHoliday Season in U.S.A.のお話を少ししたいと思います。

アメリカでは、新年(お正月)より、クリスマスの方がビッグイベントだということは、皆さまご存知だと思います。

 この時期、アメリカの多くの幼稚園や小学校では、Christmas PlayChristmas Showが開かれ、お子様たちはピアノの発表会のようなドレスやタキシードでばっちり決めて、クリスマスのお歌や劇、ダンスを披露してくれます。

これは夕方に開かれることが多いので、家族総出でおしゃれをして出かけ、終わった後は家族でディナー。心温まる一夜になります。

 また、クリスマス前は、我が子へのプレゼントはもちろん、友人たちへのクリスマスプレゼントのお買い物、Christmas Shoppingに忙しくなります。アメリカでは、親や祖父母からお子様にだけではなく、親戚同士、あるいは友人同士でも大人もプレゼントを交換するのです。

 ですので、サンタさんが煙突通ってやってくる暖炉のわきに飾られているクリスマスツリーの足元には、そういった友人からの沢山のプレゼントも並べられていて、1225日の朝、子供たちは大人も一緒に、たくさんのプレゼントを一気に開封する。そういう夢のような光景がクリスマスの朝です。

 ただ、様々な宗教の方がおられたり、同じキリスト教でも、宗派によって祝い方の違いがあるため、交換するGreeting Cardなどでのご挨拶は,日本で馴染みの、”Merry Christmas!” より、“Seasons Greetings”「季節のご挨拶」や、“Happy Holidays!”「楽しい休暇を!」といった、このお休みの時期をお祝いするような言葉を交わすことのほうが多いように思います。ここは興味深いですね。

そして1225日は休日で、学校もお仕事も数日のクリスマス休暇に入ります。でも新年があければすぐ、12日や3日には学校もお仕事も始まり、普段の生活に戻ります。

 そんなアメリカのHoliday Season。。。やっぱり日本人の私には日本の冬のほうがしっくりきますが、どちらも「家族の絆」をひとしお感じる時期だと思います。

どうぞ、ご家族皆様で、この素敵なHoliday Seasonをお過ごしくださいませ。