10月教室だより

2019-10-01 (火) 17:25 教室日記

季節も随分すすみ、空気の入れ替わりを感じますね。教室では、運動会練習の後でも元気いっぱいにレッスンを受けてくれているお友達が沢山です。

また、絵日記にはサツマイモやブドウの絵を書いてくれたりと、「秋」がたくさん溢れてきました!

そういった、お子さまとの会話や、絵日記を通じてEQWELのお子さまの表現力や語彙力には驚かされることが多々あります。日々たくさんの言葉を吸収し、お話することは楽しいと感じてくれているのではないでしょうか。レッスンでも、言葉を育てる取り組みはたくさんありますが、やはりフラッシュカードは言葉を育てたり語彙力を増やすには抜群の取り組みになっています。

フラッシュカードはEQWELのレッスンには欠かせないのです。目的は4つ・・・

1・脳を育てる

脳細胞は刺激を受けることで発達していきます。脳神経細胞は幼児期に驚異的な発達をみせるので

物の絵や名前、数字などを大量にインプットすると、大人の何倍ものスピードで頭の中に取り込んで

いきます。

 

2・視覚と聴覚をつなぐ

目で捉えた映像の名前を耳から聞くことで、視覚と聴覚を発達させ、連動性を高めます。

 

3・瞬間記憶力を育てる

素早くカードをめくっていくので、脳は情報を「部分」ではなく、全体を写真のように撮って取り込みます。継続してトレーニングを行うことで、能力の維持が期待できます。

 

4・言葉を育てる

大量にインプットされた視覚、聴覚情報により、語彙力が高まり、自然に口から言葉が出てくるようになります。

 

レッスンだけでなく、ご家庭でもフラッシュカードに取り組んで頂くとより効果的です。

しかし、「知識」を教えるのにフラッシュカードだけに頼るのは得策ではありません。

フラッシュカードは知識の種蒔きです。子どもさんが何に関心を持つのかに気づき、また、少しでも興味を持ったら、それらを実際に見に行ったり、手にとったり、書いたりして興味をどんどんつなげてみてください。

綺麗な花が咲きますように・・・               幼児部  藤井陽子